講師

森島 達観(モリシマ タッカン)

専門領域 股関節外科
認定医・専門医等
  • •日本整形外科学会専門医

診療についての抱負

愛知医大病院で股関節疾患を専門に診療させていただいております森島と申します。股関節の障害でお困りの方は数多くおられ、その原因は変形性股関節症、関節リウマチ、大腿骨頭壊死症、ペルテス病等多岐にわたります。必要に応じて骨切り術や人工関節手術を選択し、特に正しいセメントテクニックを用いた人工股関節置換術や、骨の回復を可能とする人工股関節再置換術(院内骨バンク提供の他家骨移植術を併用)には定評があります。また近年は、大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI:Femoroacetabular impingement)に対する股関節鏡視下手術や、ペルテス病などに対する骨切り術(ROWO:Rotational open wedge osteotomy)も行っております。
今後も高度で信頼のおける医療を皆様に提供させていただきたいと思いますので宜しくお願い申し上げます。