脊椎脊髄外科

頸椎,胸椎,腰椎,骨盤までの脊椎・脊髄疾患,脊椎外傷を広く対象としています。疾患は頸椎では頸髄症,靱帯骨化症が多く,脊椎脊髄腫瘍なども治療しています。胸椎では脊椎破裂骨折,転移性腫瘍,骨粗鬆症性圧迫骨折後脊髄麻痺,腰椎では椎間板ヘルニア,腰部脊柱管狭窄症,脊椎すべり症などの手術を多数行っています。手術に際しては顕微鏡の使用,脊髄モニタリングなどにより正確で安全な手術を心掛けています。

担当者
受診方法 かかりつけ医から地域医療連携室を通じて,ご予約ください。